便秘解消法と便秘のツボのTOPに戻る

健康茶で便秘解消しよう

お茶は便秘解消に役立つと言われているものの一つです。
その種類は色々とあります。


例えば「センナ茶」です。
これは薬局などでも手に入りやすいお茶の一つです。
その主成分であるセンナは、下剤成分も含んでいます。
ただし、効き目が強いので、人によっては下痢になる場合もあります。
ですので、飲むときは少しずつ飲んで様子をみて下さい。


次に「どくだみ茶」です。
このお茶は、便秘解消や皮膚の疾患、鼻炎、ちくのう症などの各種症状に効果があります。
十種類の効果があるということから、別名「十薬」とも呼ばれています。
どくだみは、人家や山や野原などの身近なところで手に入れることができます。
お茶にするときは、乾燥させて使います。
自分で乾燥させるのが面倒な場合は、薬局などでも購入することができます。


「オオバコ茶」はアジア各地で、古くから飲まれているお茶です。
胃の病気や風邪、咳、利尿作用、下痢止め、便秘解消などに効果があります。
また、飲用以外の使い方もあります。
火傷をした際などに、オオバコの生の葉を揉んで貼っておくと、治るのが早いそうです。


「キダチアロエ茶」は、ユリ科の多肉植物で、抗がん作用や解毒作用があります。
また、ぜんそくや下痢止め、便秘解消、皮膚炎などにも効果があります。
その他にも血圧改善、止血などにも効果があります。
アロエも飲用以外の使用方法があります。
アロエの葉の液体は、火傷や切り傷などに塗ると効果があのです。


「プーアール茶」は人気のあるお茶です。
プーアール茶には脂肪を分解する作用があります。
そのため、メタボリック対策やダイエットのために飲んでいる方もいるほどです。
また、整腸作用もあるので便秘解消や下痢止めなどの効果も期待できます。
二日酔いや、胃のむかつきがあるときも効果が望めます。

中国では昔から、脂っこい中華料理を食べた後などに、よく飲まれているお茶です。
その他にも、身体を温める効果もあります。
なので、冷え性の改善にも役立つお茶なのです。


この他にも、便秘を解消するお茶は色々あります。
ご自分で試してみて、体質に合ったものを探しましょう。
そして、毎日飲んでみて下さい。
下剤のように急激な効果はありません。
しかし、毎日続けることで体質を改善できるはずです。
それがこれらの健康茶なのです。
関連コンテンツ

野菜ジュースが便秘に効く〜レシピ作り方

便秘に悩んでいる方は、手作り野菜ジュースを毎朝飲んでみてはどうでしょうか? 手作りと言っても、作り方は簡単です。 果物や野菜をジューサーやミキサーに入れます ΑΑ