便秘解消法と便秘のツボのTOPに戻る

赤ちゃんの便秘について

便秘は何も大人に限った病気ではありません。
赤ちゃんだって便秘になります。
しかし、赤ちゃんは言葉を話せません。
ただ泣いたりぐずったりしてアピールするだけです。

親が理解してあげなければ、赤ちゃんは辛いままです。
毎日ちゃんと観察して、不快症状早いうちに取り除いてあげましょう。


母乳の場合とミルクの場合では、母乳の方が排便回数は多くなります。
排便回数は赤ちゃんによって異なります。
ですから、何日間出ていないからと慌てないで下さい。
理由なく不機嫌だったり、ウンチをするときに嫌がったりするような素振りがないか注意をして下さい。
おう吐や食欲不振が見られる場合は、迷わず病院で診てもらいましょう。


赤ちゃんの便秘を解消する方法は、自律神経の働きを整えてあげることです。
大人と同じで、赤ちゃんの自律神経も大事な働きをしています。
この働きは、規則正しい生活によって維持されます。

そのためにも、生後3〜4ヶ月ぐらいになったら、決まった時間に起床させるようにしましょう。
また、授乳やミルクの時間も一定に保ちましょう。
散歩の時間も設けると腸の運動も促進します。
離乳食が始まったら、栄養バランスも考えあげてましょう。

また、就寝時間も一定にして、たっぷりと良い睡眠がとれるようにしてあげてましょう。
お父さんが遅く帰宅して、起こしたがっても起こすのはやめて下さい。
睡眠がちゃんとキープできるようにしてあげなければなりません。
お父さんには、朝一番に赤ちゃんとコンタクトを取るようにしてもらいましょう。


赤ちゃんは言葉を発することができません。
ですから、大人が気をつけてあげなければならないのです。