便秘解消法と便秘のツボのTOPに戻る

ガス腹の原因は便秘?!

ガス腹は便秘のときによくなる症状です。
ガス腹というのは、お腹にガスが溜まってしまっている状態です。この状態はお腹が膨張して苦しく、不快感があります。

普通なら、おならやゲップでお腹の中のガスは、スムーズに排出されます。
しかし、人前でおならを我慢し過ぎたりすると、ガスが溜まり、ガス腹になったりします。
また早食いや暴飲暴食でもガス腹を引き起こすことがあります。
コーラのような炭酸飲料を大量に飲んだり、ビールを飲みすぎたりすることでも、ガスが溜まってしまうことがあります。

また、空気を飲み込むことでガスが溜まることもあります。
空気を飲み込むと聞くと驚く方もいるかもしれません。
しかし、これは誰でもありえます。
なぜなら食事と一緒に飲み込んでしまうことがあるからです。
これは早食いをしたりすると起きやすいことです。


このガス腹は、ガスが腸を圧迫して、その動きを妨げることがあります。
酷くなると心臓や腎臓まで悪影響を与えることがあります。

また便秘になると、老廃物がお腹の中に長時間溜まった状態ですので、排出されるガスは悪臭になります。
ゲップや口臭が悪臭になってしまうのです。
そうなる前に、ガスは我慢せずに出しましょう。
人前ではおならはできないと、過剰に我慢することはやめるべきです。

また、腰が緊張していても、ガスが溜まってしまうことがあります。
腰をリラックスさせる運動などを行うことをお勧めします。


運動方法の例として、ヨガのガス抜きポーズを紹介しましょう。
まず、上を向いて寝転がります。
ひざを立てて、息を吸いながら、両ひざを身体のほうに引き寄せて下さい。
そして、両肘でひざを抱え、息を吐きながら、ひざを身体に寄せていきます。
そのまま呼吸を繰り返してください。
毎晩ご自宅などでガス抜きをして、外出時のお腹の不快感を無くしましょう。
関連コンテンツ

腸内洗浄(デトックス)で便秘解消

TVやラジオ、雑誌などで「腸内洗浄(デトックス)」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 腸内洗浄(デトックス)とは、腸を掃除して、綺麗にすることです ΑΑ

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状として便秘と下痢を交互に繰り返す人がいます。 このときには「過敏性腸症候群」を疑った方がいいでしょう。 「過敏性腸症候群・・・

ダイエットが便秘の原因に

便秘の原因の一つとして「ダイエット」があげられます。 現在、女性の間ではダイエットをすることが、当たり前のようになってきました。 それは、女澄ΑΑ