便秘解消法と便秘のツボのTOPに戻る

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状として便秘と下痢を交互に繰り返す人がいます。
このときには「過敏性腸症候群」を疑った方がいいでしょう。


「過敏性腸症候群」は小腸や大腸が過敏になり、便通異常を起こす病気です。
「下痢型」、「便秘型」、「交替型」などに分けることができます。
この症状は、ストレスが原因となっていることが多いです。

ストレスが重なると、自律神経の乱れが起きやすくなります。
そのためにこのような症状がでるのです。
近年、この症状を訴える人が増えているのは、現代社会のストレスの多さが原因といえるでしょう。

しかし、ストレスというのは全く無くなるということはありえません。
ですから、ストレスに強い身体を作ることが大切です。
そのためにも、まずは自律神経の乱れをなくすことが大切です。


自律神経を整えるためには、決まった生活リズムを心がけることが大事です。
同じ時間に起き、食事の時間を決め、できれば早寝早起きを心がけましょう。
睡眠も十分に取りましょう。

それから、刺激となるカフェインはできるだけ控えましょう。
コーヒーや紅茶、チョコレートなどは控えましょう。
煙草はもちろんですが、アルコール類も避けた方がいいでしょう。
牛乳やチーズはお腹をゆるくすると言われていますので、注意して下さい。


過敏性腸症候群は、完治するまでに時間がかかります。
便秘や下痢がなかなか解消されないからと、自己判断で薬を飲むのはやめて下さい。
解消するには時間がかかるものだと割り切って下さい。
深刻に考えすぎないということも、この病気を治すのには大切なポイントです。
関連コンテンツ

ガス腹の原因は便秘?!

ガス腹は便秘のときによくなる症状です。 ガス腹というのは、お腹にガスが溜まってしまっている状態です。この状態はお腹が膨張して苦しく、不快感が・・・

腸内洗浄(デトックス)で便秘解消

TVやラジオ、雑誌などで「腸内洗浄(デトックス)」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 腸内洗浄(デトックス)とは、腸を掃除して、綺麗にすることです ΑΑ

ダイエットが便秘の原因に

便秘の原因の一つとして「ダイエット」があげられます。 現在、女性の間ではダイエットをすることが、当たり前のようになってきました。 それは、女澄ΑΑ