便秘解消法と便秘のツボのTOPに戻る
「便秘解消法と便秘のツボ」トップ >  便秘薬でスッキリ! > 浣腸の正しい使い方〜便秘改善

浣腸の正しい使い方〜便秘改善

便秘がひどいときには、浣腸に頼るのも一つの手です。
浣腸とは、浣腸液を腸に直接注入する方法です。
この薬は腸の蠕動を促進し、便を軟らかくして排出させる作用があります。

浣腸薬には二つの種類があります。
グリセリン(液体)を用いるタイプと、坐薬を用いるタイプです。
薬局でも販売されています。

誰でもご自宅で手軽にできる使い捨てタイプの「ディスポーザブル浣腸」です。
この浣腸の正しい使い方は以下のようになります。
 1.洗面器等に温かいお湯を張ります。
   温度はお風呂のお湯ぐらいが良いでしょう。
 2.浣腸のチューブの部分にワセリン等の潤滑油を塗ります。
 3.寝転がって、膝を立て、深呼吸しながらお尻に挿入します。
 4.管を目盛りまで挿入します。
 5.液体をゆっくり注入して下さい。
 6.全部入れ終わったら、管を抜きます。
   そして、肛門をティッシュペーパー等で押さえて下さい。

5分ぐらいはそのまま我慢して下さい。
すぐに出すと、浣腸液のみが出てしまうからです。
便意が強くなるまで我慢して下さい。


他に坐薬タイプもあります。
このタイプは、高温多湿を避けて冷暗所で保存します。
これは坐薬タイプが、肛門から入れると身体の体温で溶はじめる薬だからです。
ですから、夏場などに高温多湿の場所に置いておくと、薬が溶けてしまいます。
そうすると、薬の成分が変質する可能性があります。


どちらの浣腸薬も、決して常用はしないで下さい。
常用すると、体に自身で便秘を解消する力がなくなってしまうからです。
あまり使用すると、浣腸薬で一時的に便秘を解消したとしても、再び便秘になってしまいます。
便秘を根本から解消するには、運動療法や食事療法などで、身体の内側から治する必要があるのです。
関連コンテンツ

漢方薬で便秘解消!体質改善しよう

便秘解消に漢方薬を活用した人がいます。 しかし、漢方薬を使って便秘を解消するなら注意すべきことがあります。 漢方専門店、または病院などで必ず診断や相談ぁΑΑ

便秘薬は危険がいっぱい?!

どうしても苦しくて我慢できないときには、つい便秘薬に頼ってしまう人は多いことでしょう。 そしてすっきりして、忘れた頃にまた飲んで…。 そうしぁΑΑ