便秘解消法と便秘のツボのTOPに戻る
「便秘解消法と便秘のツボ」トップ >  便秘薬でスッキリ! > 便秘薬は危険がいっぱい?!

便秘薬は危険がいっぱい?!

どうしても苦しくて我慢できないときには、つい便秘薬に頼ってしまう人は多いことでしょう。
そしてすっきりして、忘れた頃にまた飲んで…。
そうして常習化してしまった方もいるかもしれません。
しかし、便秘薬は使い方を誤ると、悪循環に陥る原因となります。


便秘薬は、薬の力で便を軟らかくしたり、腸に蠕動運動をさせたりして便意を起こさせるものです。
薬の力で無理やり便を出すのであって、自分の力で出すのではありません。
ですから、すっきりするとしても一時的なものなのです。
あまり服用すると、薬が無いと便を出すことができなくなることもあります。

しかも常習していると、身体にも耐性がついてきます。
そのため、薬の効き目が弱くなっていきます。
そしてもっと強い薬を、もっととなってしまうのです。
最後にはどんな強い薬でも効かなくなってしまいます。


また、便秘薬は善玉菌も殺してしまいます。
そのため、さらに便が出ない体質になってしまいます。
一時的な手助けとして服用するのはいいですが、常習は避けましょう。

特に以下にあげる人は注意して下さい。
 ・妊娠中及び授乳中の人
 ・どの薬を飲んでも全く効かない人
 ・便秘と下痢を繰り返している過敏性腸症候群の人
 ・真っ黒な便、赤い便、白い便などが出る人
これらの場合には悪い病気が潜んでいることもあります。
一度病院で診察を受けてみて下さい。


便秘薬は最終手段と考えて下さい。
できるだけ、それ以外の解決法で便秘を解消するように努力しましょう。
「食事」、「運動」、「生活習慣」などの問題点が改善しない限りは便秘は解消されないでしょう。
安易に便秘薬に頼るのは絶対に避けましょう。
関連コンテンツ

漢方薬で便秘解消!体質改善しよう

便秘解消に漢方薬を活用した人がいます。 しかし、漢方薬を使って便秘を解消するなら注意すべきことがあります。 漢方専門店、または病院などで必ず診断や相談ぁΑΑ

浣腸の正しい使い方〜便秘改善

便秘がひどいときには、浣腸に頼るのも一つの手です。 浣腸とは、浣腸液を腸に直接注入する方法です。 この薬は腸の蠕動を促進し、便を軟らかくして排出させる作用があぁΑΑ