便秘解消法と便秘のツボのTOPに戻る

便秘と痔の関係

便秘が原因で、痔になってしまう人がいます。
いきんで固い便を無理に出そうとするためです。
そのため肛門を傷をつけたり、痛みを感じたり、出血をしたりすることがあります。

特に女性は便秘になりやすいです。
このときに便意を我慢して痔になることが多々あります。
他にも、妊娠や出産によって血液循環が悪くなり、痔を引き起こすことがあります。
もし、痔になってしまった場合は、まず生活習慣を見直す必要があります。


まずは運動不足を解消して、暴飲暴食を避けましょう。
肛門に負担をかけないためにも、トイレで長く力むのも避けましょう。
また、自然に排便を促すためにも、食生活を改める必要があります。
入浴の際などに、肛門をお風呂で温めるのも便秘解消には効果的です。

入浴の際に気をつけたいのは、入浴剤は入れないということです。
石鹸で肛門を洗うのもできるだけ避けましょう。
これは肛門にあまり刺激を与えないようにするためです。

痔だと思っていたら、稀に大腸がんだったということあります。
ですから、念のため一度、病院で見てもらった方がいいでしょう。
しかし、痔を人に見せるのは恥ずかしいと、なかなか受診の決心がつかない方も多いようです。
そのため、受診を先送りにしている人もいるようです。

しかし、お医者さんはプロです。
毎日多くの方を診察しています。
ですから、恥ずかしいと思うことはありません。
プライバシーも確保されるようになっています。
安心して診察を受けて下さい。


そのほかにストレスも、便秘にはよくありません。
自律神経の働きが乱れ、その結果、便秘や痔を引き起こすことにつながるからです。
便秘を解消する方法を自分で実行する。
これが痔を治す最大の方法です。

また、長時間、同じ姿勢を続けることも避けるようにしましょう。
食物繊維を豊富に含む食べ物を食べることも大事です。
その際には、水分の補給も意識的に行うようにしましょう。
関連コンテンツ

高齢者の便秘について

高齢者の便秘には「弛緩性便秘」と「直腸性便秘」の二つがよくみられます。 高齢者が便秘になる原因は大きく三つに分けられます。 「寝たきりである」、「歩くのが困・・・

男性の便秘について

男性が便秘になる確率は、女性よりもかなり低いといえます。 これは男性は比較的、腸が弱い人が多いためです。 ですから逆に、下痢になる人の方が多いぁΑΑ

便の記録をつけよう

2、3日くらい便が出ないとき、大抵の人は「そういえば、ちょっと便が出ないな。」と軽く考えるはずです。 そして、そのまま放置してしてしまう・・・