便秘解消法と便秘のツボのTOPに戻る

男性の便秘について

男性が便秘になる確率は、女性よりもかなり低いといえます。
これは男性は比較的、腸が弱い人が多いためです。
ですから逆に、下痢になる人の方が多いです。

ただ、最近では「痙攣性便秘」になる方が稀にみられます。
これは仕事のストレスの蓄積や、長時間労働で睡眠不足のときなどになりやすい症状です。


ストレスから来る「痙攣性便秘」では、便秘薬を使用するのはやめましょう。
なぜなら、一般的な便秘薬は「弛緩性便秘」に対するものがほとんどだからです。
「痙攣性便秘」の場合、腸の働きが活発になりすぎて起きています。
しかし、一般的な便秘薬は腸の働きを活発にさせようとするものです。
そのため、「痙攣性便秘」で、一般的な便秘薬を服用すると、症状がさらに悪化する場合があります。

悩みなどがある場合、女性は友人などに話して解決する場合が多いです。
しかし、男性は誰にも話さずに溜め込みがちです。
悩みを話すことは悪いことではありません。
負けたわけでもありません。
悩みを誰かと共有することで、自分の負担を軽くしましょう。


また、便秘や下痢の場合はもちろんですが、良い腸の状態を維持するについては、以下のことに気をつけましょう。
 ・暴飲暴食を避ける
 ・コンビニ弁当に頼りすぎない
 ・たばこの吸いすぎをやめる
 ・偏食をしない
 ・アルコールを摂りすぎない
 ・車で移動するだけではなく、運動の時間を取る

男性の場合、腸を冷やすのはよくありません。
ですから、バナナやヨーグルトよりは、しょうがや、温かい飲み物を摂ったほうがいいでしょう。
また、コンビニ弁当に頼らざるを得ない場合は、海藻類の入ったサラダ等を追加するといいでしょう。
関連コンテンツ

便秘と痔の関係

便秘が原因で、痔になってしまう人がいます。 いきんで固い便を無理に出そうとするためです。 そのため肛門を傷をつけたり、痛みを感じたり、出血をしたりすぁΑΑ

高齢者の便秘について

高齢者の便秘には「弛緩性便秘」と「直腸性便秘」の二つがよくみられます。 高齢者が便秘になる原因は大きく三つに分けられます。 「寝たきりである」、「歩くのが困・・・

便の記録をつけよう

2、3日くらい便が出ないとき、大抵の人は「そういえば、ちょっと便が出ないな。」と軽く考えるはずです。 そして、そのまま放置してしてしまう・・・